2009年03月08日

町内会制度の終えん(5)

町内会は、公報配付に関わってさらなるピンハネをしています。
 この札幌市には“町内会の存在しない地域”が複数(相当広い範囲で)
あります。その話を聞いたとき『うっそだろ〜』と思って札幌市に問い合
わせると、確かにあるのだそうです。
 それでは、そのような地域では「公報をどのようなかたちで入手してい
るか?」と言うと、「業者に委託して戸配しています。(札幌市)」との
ことで、業者への委託手数料は¥12.99であるとの回答ももらいました。
 なぜ¥0.01の差があるのかまでは聞きそびれましたが、何か変ではあり
ませんか? 町内会が、業者より高い委託料金を受け取っているワケなん
です。しかも町内会は、業者の4倍の部数を戸配して・・・これはもう
“業者”と呼んでも差しつかえないのではないでしょうか。
 札幌市も何考えているんだか・・・赤字々々と言いながら、節約する知
恵を持っていない。
 札幌市には879.478戸(2007年12月現在)の世帯数があり、「業者が
2割程度の配達業務を行っている(札幌市)」そうなので、町内会はおよ
そ¥7.000×12ヶ月=¥84.000以上余計なお金を札幌市に使わせているこ
とになるのです。
 まだあります。同じ区に居住し、住居とは別の住所に店舗や会社を持つ
場合、すべてではないにしろ「公報さっぽろ(同じ区版)」が二重に戸配
されているのです。これはもう戸配部数の水増しで、“詐欺的”としか言
い様がありません。
 当然違う町内会になることで、「町内会費」も「除雪費(パートナーシッ
プ制度)」その他も、住居と店舗の両方の町内会から請求されるわけです。
除雪費については、居住・営業の2目的があるので一概に不公平とは言い
きれませんが、本来除排雪は札幌市の“責任”であるはずなので、町内会
単位で「除排雪申請」をさせること自体が、市政の“お粗末さ”なのです。

 縁遠く感じながらも、「町内会」という存在をごく当然のように“ある
もの”と思ってましたが、“町内会の存在しない地域”があったんですね
〜・・・。
 この「町内会制度」は全国的に、新規居住者(特に非加入者)との間で
トラブルの絶えない制度になっています。そのため、地域によってはトラ
ブル回避の為に「町内会加入」を居住条件としているケースが少なくない
のですが、それって問題を感じませんか? 過去に集合住宅入居者と自治
会で争い、管理費と自治会費(共益費の名目)を一括しての集金は違法で
あるという判決が下されています。
 町内会加入・脱退は居住者の自由であり、法的(法令・条例)な拘束力
はないのです。一度加入しても、運営方法に納得できなかったり、対人的
関係に違和感を感じて脱退することは自由なのです。ところが、脱退後に
町内会(会員)からの嫌がらせや、家族に対する差別がつきまとうのが現
実のようです。・・・私の場合は、退会後“町内会つぶし”を画策してい
ますが・・・。(続)
posted by 万年六糸坊 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。